逆張りとは、相場が反転すると仮定のもと逆の方向に売買する投資手法である。

逆張り

  • 逆張り(ぎゃくばり)

逆張りとは、相場が反転すると仮定し、下がっていく動きの中で買い、上がっている動きの中で売るという相場の流れに逆らう投資手法のこと。

逆張りは、上げ相場での天井を見極めて売り、下げ相場での底値を見極めて買う、売買方法で過去の株価の推移から株価がリバウンドしそうな動きをチャートで見つけたり、悪材料により株価が急落している銘柄の売りがなくなるを待って、反発したところで買うなどの売買で利益を上げることが可能である。

相場とは反対に売買をする投資法なので、もちろんうまく上昇しなかったり、下落しなかったりとリスクがあり、いつまでも保有し続けると損が拡大する危険性がある。

いかに底値や天井を見極めるか、また損切り目標もあらかじめ決めておくことが重要になってくる投資方法である。

この逆が「順張り」である。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索