原資産とは、デリバティブ取引で取引される元の金融商品のことを指す。

原資産

  • 原資産(げんしさん)

原資産とは、デリバディブ取引である、先物取引やオプション取引などの対象になる株式や債権、外国為替、原油、金などの金融商品のこと。

オプション取引で買う権利または売る権利をあらかじめ決めておいた価格で売買される金融商品のことを指す。

先物の場合、取引を開始する前にあらかじめ決めていた価格を、将来売買する対象になる株価指標や通貨など元になる資産(金融商品)のことを「原資産」といい、その売買を約束した取引を先物取引という。

関連用語:原資産価格

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索