円安とは、円が為替取引により、円の価値が下落することである。

円安

  • 円安(えんやす)

円安とは、為替取引により、円の価値が他国の通貨にたいして下落していること。

例えば、ドルと円で考えたとき、1ドル100円だったものが1ドル200円になった場合、1ドル100円で買えていたものが、200円出さなければ買えなくなり、円の価値が下がったことになる。

円安という状態は、円を売る動きが強く円の価値が下がるために起こる。

逆に、1ドル80円になった場合、20円安く買えるので円の価値が上がったので円高ということになる。

円安は、日本に輸入した製品や食品の価格の決定や輸出企業の業績など国民の生活と深く関わりがあり大きな繋がりがある。

円安になると日本の輸出企業は海外でものを売りやすくなり、海外で有利に立てる。

例えば、自動車産業で考えた場合、円安になると海外で自動車を安く売ることができるので売れやすくなり、その分企業が儲かる。

1円円安に動くだけで自動車会社1社で数十億円〜数百億円も利益が出るといわれている。

逆に、円高になると円の価値が上がるので、海外で売っている日本の自動車の値段も上がり売れなくなるということだ。

だが、円安が進むと、輸入する値段が上がるので、石油や原材料などの輸入品の値段が上がる。

このような極度の円安や円高にならないように、日本銀行が経済状態を見て、必要に応じ為替介入を行ったり、お札を刷ったり、意図的に為替を操作することもある。

円安とは
↑(円では同じ値段でも円の価値が違うだけで海外では全然値段が変わってくる。)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索