円高円安は企業によって、与える影響が異なる。

株ネット | 株の入門トップ>株価の仕組みを知ろう>円高円安は株価に影響するのか?

円高円安は株価に影響するのか?

毎日テレビニュースなどで

  • 「1ドル○○円で、××銭の円安」
  • 「1ユーロ○○円で、××円の円高」

などとその日の「為替」を報じている。

為替とは、ある国の通貨をほかの国の通貨と交換するときの取引価格のことである。

では、円高円安とはどういう意味なのか?

例えば、アメリカで1ドルのコーヒーを買いたいとする。

前日の為替が1ドル=100円だったのが1ドル=90円になった場合、1ドル=100円だったコーヒーが90円で買えるようになったことを意味している。

つまり、1ドルのコーヒーを買うのに円の価値が上がったため、10円安く買えるようになったのだ。

これを「円高」という。

逆に、1ドル=100円だったのが110円になった場合、1ドルのコーヒーを10円高く買わなければならない。

これを「円安」という。

為替
↑(外国為替相場)

為替は毎日変動し、円が欲しい人が多ければ円の価値が高くなり「円高」になる。

逆に、円を欲しい人が少なければ円の価値が低くなり、「円安」になる。

そして、この為替が変動する事により、日本経済や企業業績に影響を及ぼし、株価に大きな影響を及ぼす。

では、円高のときと円安のときでは、どう企業に影響を与えるのだろうか?

例えば、日本の自動車メーカーは、たくさんの自動車を海外に輸出している。

仮に1台の自動車=1万ドルで売っている場合、1ドル=100円であれば、1台の売上が100万円という事になる。

それが、1ドル=90円の円高になると、1台の売上げが90万円となり、売上が10万円も少なくなる。

つまり、輸出企業にとって円高は業績悪化の要因となり、その企業の株価にもマイナスに働く。

反対に、原油を海外から輸入している電力会社などにとっては、円高になればより安い値段で原油を輸入できるので、業績アップにつながる。

つまり、円高は輸入企業にはプラスに働く。

円高や円安が与える影響は企業によって違うが、日本の株式市場にとっては、為替が安定していることが好ましく、急激な為替変動は株価に悪影響を与える。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索