円高とは、円が他国の通貨と比較したときに価値が上昇しているとこである。

円高

  • 円高(えんだか)

円高とは、為替取引により、円の価値が他国の通貨に対して高くなっていること。

円高という状態は、円を買う動きが強く円の価値が上がるために起こる。

例えば、ドル対円で考えたとき、1ドル100円から1ドル80円になった場合、1ドル100円で買っていたものが、80円で買えるようになり、円の価値がドルに対して上がったことになる。

逆に、1ドル200円になれば、100円多く払わなければならなくなるので、円の価値が下がり円安ということになる。

円高は、日本の輸出企業の業績や輸入製品や輸入食品の価格の決定などに大きな繋がりがあり、国民の生活と深い関わりがある。

円高になると日本に輸入しているものが安く仕入れることができたり、海外旅行に行きやすくなったりメリットがあるが、逆に日本の輸出企業にとっては、海外で物が売れなくなるので、過度の円高になると日本経済に打撃を与える。

例えば、自動車産業で考えると、円高になると自動車の値段が高くなり、海外で物が売れなくなり、企業の収益が下がることになる。

逆に、円安になると円の価値が下がるので、海外に自動車を安く売ることができるので売れやすくなり、その分企業が儲かるということになる。

円高が進むと、日本の輸出企業の収益が下がり、そこで働いている社員の給料が下がり、そして、給料が落ちることにより物を買わなくなり、物が売れないと値段を下げて売り、また企業の収益が下がり、日本経済全体が悪くなることになる。

これを「デフレスパイラル」という。

このような極度の円高や円安にならないように、日本銀行が経済状態を見て、必要に応じ為替介入を行ったり、お札を刷ったり、意図的に為替を操作することがある。

円安とは
↑(円では同じ値段でも円の価値が違うだけで海外では全然値段が変わってくる。)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索