出来高とは、株式などの取引が成立した株数のことをいう。

出来高と株の意味について

出来高(できだか)とは、取引が成立した株数のことを言い、株価チャートで表される。

出来高が多いほど、取引が多いということになり、相場が活発に動いているということを示している。

出来高の持つ意味合いは相場の状況によって異なり、出来高が急増すると

  • 「株価が活発に動く場合」
  • 「これから下落が始まる場合」

このいずれかが考えられる。

一般的に、安値圏で出来高が急増すると上昇トレンドに入るサインになり、高値圏で出来高が急増すると下落トレンドに入るサインになる場合が多い。

安値圏で出来高が急増して株価が上昇した場合は、買いが殺到したことを意味し、それまで買いを控えていた投資家が、株を買う動きが強くなったためである。

逆に、高値圏で起きた場合は、上昇トレンドに飛ぶついた動きか、株を買っていた投資家が、株を売る動きが出始めたからである。

出来高と株
↑(出来高が急増し、上昇トレンドに入った)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索