暴落とは、相場や株価が急激に下落することをいう。

暴落

  • 暴落(ぼうらく)

暴落とは、株式市場全体や特定の銘柄の株価などが大幅に下落すること。

例えば、企業が大幅な赤字を出した場合、株価は、この悪材料により下落が起こり暴落する。

悪材料が衝撃的であればあるほど、株価は大きく下落し、さらに大幅に下落することを「大暴落」という。

だが、株価には、「値幅制限」というものが設けられている。

これは、一定水準以上に株価が下がらないようになっており、値幅制限いっぱいまで値下がりした状態を「ストップ安」という。

この逆に、大幅に上昇することを「暴騰」という。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索