ボラティリティとは、株価などの資産がどれくらい変動するかを示す指標である。

ボラティリティ

  • ボラティリティ

ボラティリティとは、対象となる銘柄の価格変動が一定期間でどれだけ起こったか示す数値こと。

ボラティリティは、原資産価格の平均値を取り、年率(%)で表示される。

価格変動幅が大きいボラティリティのことを「ボラティリティが高い」といい、価格変動幅が小さいボラティリティを「ボラティリティが小さい」という。

ボラティリティが高いという状態は、値動きが激しく利益を上げる可能性が高くなり、ボラティリティが小さいと値動きをあまりしていないため、利益を上げるのは難しくなる。

先物やオプションなどは、ボラティリティが高いと収益を上げる可能性が上がるため、価値が上がる。

ボラティリティには、過去のデータから算出した将来の変動率を示した「ヒストリカルボラティリティ」と、将来の変動率を予測した「インプライドボラティリティ」がある。

ヒストリカル・ボラティリティは、統計学の手法で「標準偏差」にあたる。

インプライド・ボラティリティは、オプション価格から逆算されるので、オプション価格決定に影響を与える。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索