悪材料とは、相場や株価などを下げる要因のことを言う。

悪材料

  • 悪材料(あくざいりょう)

悪材料とは、相場全体や個別の銘柄などが下落する要因のこと。

例えば、業績の下方修正や為替レート、経済指標など相場や個別の株価に悪影響を与える要因のことを悪材料という。

具体的な使用例としては、「悪材料出尽くし株価が上昇する」、「悪材料が重なったことで上値が重くなっている」などが挙げられる。

また、悪材料には、「売り材料」、「弱材料」、「下げ材料」、「安材料」などいろいろな言い方がある。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索