アービトラージャーとは、アービトラージを専門に行う投資家のことをいう。

アービトラージャー

  • アービトラージャー

アービトラージャーとは、密接な関係にある2つの金融商品を別々の市場で売り買いし、その価格差から利益を上げることを専門に行う投資家のこと。

アービトラージャーは、市場や株価の方向を読み取り利益を得るのではなく、関係が深い金融商品が、ほかの市場では価格に違いがあることを利用して、その価格差から利益を得る。

この取引のことを「アービトラージ」といい、一般的に、現物の株式指標と先物取引の間でのアービトラージが多い。

アービトラージは、似た金融商品同士の価格差を利用して、高いほうを売り、安いほうを買うことで、利益を上げることができる売買手法である。

この売買手法を専門に行うのがアービトラージャーで、利益は少ないが確実に利益を得ようとする。

関連用語:裁定取引サヤ取り

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索